Top

慶州 仏国寺

慶州 ブルクッサ

慶州(gyeongju)にある仏国寺は751年(景德王10年)金大城によって創建された。 高麗,朝鮮を経って何回も重修されたし,1973年大大的な保守工事に復元された。

仏国寺境内は大雄殿,極楽殿,毘盧殿で大きく仕分けされる。 釈迦仏様を仕えた大雄殿に至ろうとすればまず,
青雲/白雲橋の33階段を踏んで上がった後ザハムンを通る。

ここで境内をすぐ横切ることは大きい不敬でこれを阻むために建てられたことが四方に振り回された長い回廊だ。
大雄殿前庭には多宝塔,釈迦塔が視線を集中させている。
派手ながらも精密感が漂う多宝塔(国宝第20号)と安定感ありながらも凉しい感じを与える釈迦塔(国宝第21号)は玄妙な調和を成してお互いに見合わせている。
大雄殿後隣は経論を講義した講堂で無説殿というその名前が傑作だ。
無説殿裏側に位した毘盧殿には整然としていながらも動感あふれる金銅毘盧遮那仏座像(国宝第26号)が,
大雄殿西側の極楽殿には威厳ある金銅阿彌陀如来座像(国宝第27号)がそれぞれ安置されている。 

  

 

 
 

 吐含山の西の麓にある 仏国寺は世界文化遺産であり、新羅文化の根幹で新羅人たちが夢に描いた仏教世界を地上に実現させたものです。 

 

境内に入るとはなやかな新羅の芸術及び調和のある。
伝統美を見せてくれる大雄殿、極楽殿華やかで奇抜に建てられて造形芸術の極致を見せてくれる多宝塔と男性的な釈迦塔などがあって新羅人のデリケートな芸術魂がよく表われている。 

住所:慶尚北道 慶州市 仏国路 385

問合せ:054-746-9913

利用時間:3月~9月 7:00~18:00、10月 7:00~17:30、11月~1月 7:30~17:00、2月 7:30~17:30

入場料:大人 5,000ウォン、青少年:3500ウォン、子 供:2500ウォン

行き方:新慶州駅から座席バス(700番)に乗車後、仏国寺停留所で下車⇒入口まで徒歩約5分

ホームページ:http://www.bulguksa.or.kr/  

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×

住所

慶尚北道 慶州市 進峴洞 15

位置情報

慶尚北道 慶州市 進峴洞 15

➡ 慶州駅から車で約40分。
    新慶州駅から車で約60分。
➡慶州高速バスターミナル・市外バスターミナルから車で約40分。市内バスの場合は10番または11番に乗車

コメントの作成には、ログインが必要です。
予約確認