Top

慶州歴史遺跡地区

Gyeongju Historic Areas

ユネスコ世界文化遺産で 慶州史遺蹟地は新羅時代(新羅, 57-935)古都である慶州史と文化をそっくりそのまま盛っている遺跡地 200011月に登録されてる所だ

遺跡の性格によって地区5個の史遺跡地で分けられる

慶州南山は野外博物館だと言うほど新羅の息づかいが生きて呼吸する所で新羅王朝が終末を迎えた

鮑石亭史跡第1)と塔谷 磨崖彫像群物第201), 寺址 三層石塔物第1188),

磨崖石物第200), 坐像物第198) など 37個の仏教遺跡が散らばっている。


二番目は月城である。 新羅千年王朝の宮殿でもある。 史跡第19), 新羅王宮の別宮であった

東宮と 月池史跡第18), そして東洋最高の天文施設である瞻星台国宝31) などがある。


三番目、新羅王と王妃、貴族の古墳群 分布地域である大陵苑地区である。

墓の掘調査で時の生活ぶりを把握することができる金冠、天馬、各種土器など貴重な遺物が出土された。

四番目では新羅仏教の定である 地区には史跡第246)と芬皇寺石塔が保存しているし、

 

最後に王京防御施設の核心である山城地区 400年前に積んだことに推定される明活山城、史跡第47)している。


 

住所

位置情報

 

コメントの作成には、ログインが必要です。
予約確認